Super-quick onion gratin soup

image
INGREDIENTS

2 cups sliced onions
2 tablespoons olive oil
1 tablespoon butter
5 cups brown soup stock (any kind)
1 tablespoon flour (or cornstarch)
6 thick slices toasted French baguette bread
3/4 cup grated cheese (or use ready in a packet pizza cheese to save time)

PREPARATION (recipe in Japanese follows below)

Microwave sliced onion for 5 mins in olive oil (and butter for fragrance optional) until soft (saranwrap to prevent splatter inside oven).

Panfry garlic in a frying pan, then mix the microwaved onion in with the fried garlic. Add water to make soup, cornstarch, stirring well, soupstock, salt, and pepper.

Rub fresh cut garlic over bread, layer cheese over bread and toast.

Bring to a boil, place baguette toast in each individual soup dish, ladle out the boiling soup and sprinkle with some more grated cheese.

Chef’s tip: To increase flavour, add cheese

Optional: serve (with some minty herb or other green herb garnish if you like)

Serves 6 to 8.

オニオングラタンスープ

【材料・2人分】
・たまねぎ・・・1コ(300グラム)
・小麦粉・・・大さじ1
・にんにく(薄切り)・・・1枚
・オリーブ油・・・小さじ2

・バゲット(7~8ミリ厚さ)・・・2枚
・ピザ用チーズ・・・適量

・水・・・400ミリリットル
・固形スープのもと・・・1コ
・パセリ・・・適量

・塩、こしょう、にんにく

【作り方】

たまねぎは半分に切り、中心に向かって扇状になるように薄く切る。
にんにくは、細かいみじん切りにする。
耐熱容器にたまねぎを入れ、電子レンジ(600ワット)に10分間かける。
途中、5分経過したら一度取り出して混ぜ、さらに5分かける。
鍋でオリーブ油を熱してにんにくを加え、にんにくが黒くなるまでしっかりと焼きつける。
電子レンジにかけたたまねぎと小麦粉を加えて、たまねぎがあめ色になるまで炒める。
焦げ付きそうになったら水(分量外)を適量加えて、鍋の焦げをたまねぎに移すように炒める。
たまねぎがあめ色になったら、水を加えて固形スープのもとを入れ、塩・こしょうで味を調える。
バゲットをオーブントースターで2分間焼き、にんにくを表面にすりつけて香りを移す。チーズを載せてさらにオーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。(およそ3分間)
(5)を器に盛り、(6)をのせてパセリを散らす。

たまねぎの成分に詳しい北見工業大学特任教授の山岸喬さんによると、ケルセチンの健康効果を期待するには、「秋たまねぎ」を1日1個食べる必要があります。
そこで、ケルセチンを増やす方法を、山岸さんに伺いました。
ケルセチンは、たまねぎの細胞に刺激を与えることで増加します。中でも、日光にさらすと、効率的にケルセチンを増やすことができます。その際、反応するのに時間がかかるので、最低でも1日以上当てるのがオススメです。4日で1.5倍増え、さらに1週間干すと3.5倍含有量が増えます。
ケルセチンが増えたたまねぎは、ほんのり緑色になります。これは、葉緑素が増えたためですが、ケルセチンは葉緑素と一緒に増えるので、この緑色がケルセチンが増えた証しと言えます。
ケルセチンは干せば干すほど増えます。しかし、干しすぎると外側が皮のように堅くなってしまうので、1週間程度が目安です。また、たまねぎを切ってから干すと傷みやすいので、丸のまま干すのがオススメです。

<取材協力>
山岸喬さん(北見工業大学 特任教授)

ケルセチン吸収率アップ法

ケルセチンの吸収率をアップさせるオニオングラタンスープの作り方を、たまねぎスープを40年愛飲する洋食店のオーナーシェフ、窪田好直さんに伺いました。
たまねぎの細胞中に存在するケルセチンは、細胞を壊して、中から出すことで摂取しやすくなります。放射状に薄切りにしたたまねぎを、2度に分けて電子レンジにかけ、そのあと炒めます。その結果、炒める時間を短縮しながら、効率的に細胞を壊し、ケルセチンを出やすい状態にすることができます。さらに、たまねぎのケルセチンは水に溶けやすいので、煮ることで、スープに溶け出させます。
ただし、ケルセチンはそのまま摂取しても、体に吸収されにくいことがわかっています。ポイントは油と一緒に摂取することです。ケルセチンが、腸で吸収されるとき、油があると吸収率があがるからです。乳脂肪分たっぷりのチーズと一緒に食べるオニオングラタンスープは、ケルセチンを吸収させるにはもってこいのメニューといえます。

ケルセチン アップ術

ケルセチンは、フラボノイドの一種で、動脈硬化や脂肪肝の予防に効果が認められています。

Advertisements

Leave a comment

Filed under Personal Growth

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s