Bento recipes

夏になると、お弁当作りに気を遣いますよね。
暑さや湿気でごはんやおかずが傷まないか、気になります。
そこで、3人の子を育て、お弁当作りも達人の松本忠子さんに、夏のお弁当術を教えていただきます。

しょうがのつくね

材料・4人分

・鶏ひき肉・・・300グラム
・じゃがいも・・・(小)1コ
・たまねぎ・・・70~80グラム
・しょうが・・・(正味)30グラム
・溶き卵・・・2分の1コ分
・塩・・・小さじ1弱

・サラダ油・・・適量

作り方

じゃがいもは皮をむき、適当な大きさに切って、水からゆでる。柔らかくなったら水けをきり、すりつぶす。たまねぎはみじん切りにする。しょうがは皮をむき2~3センチ角のあられ切りにする。
ボウルに鶏ひき肉、(1)、溶き卵、塩を入れて粘りが出るまでよく練る。小さめの小判型にする。
フライパンにサラダ油を熱し、(2)の両面を中火で焼く。
ミニトマトのピクルス

材料・つくりやすい分量

・ミニトマト・・・300グラム

<A>
・水、酢・・・各カップ3分の2
・砂糖・・・大さじ3
・塩・・・小さじ3分の1

・レモン・・・(薄めの輪切り)2~3枚

作り方

ミニトマトはヘタを取り、十文字に切り込みをいれておく。
鍋にAを入れ、ひと煮立ちさせ、砂糖・塩が溶けたら冷ましておく。
(2)に(1)とレモンを加え、1日以上漬ける。
きゅうりのおかず漬け

材料・つくりやすい分量

・きゅうり・・・3本
・塩・・・適宜
・合わせじょうゆ・・・大さじ3

※合わせじょうゆの作り方
しょうゆと削り節を1対1の割合で混ぜ合わせ、保存瓶に入れフタをし、冷蔵庫で保存する。
作ってすぐに使える。1か月くらいで使い切るのが目安。

作り方

きゅうりは両端を切り落とし、蛇腹に切り込みを入れて2センチ長さに切る。
(1)のきゅうりに全体の重さの2パーセントの塩をふり、少し置いて水けが出たら水けを絞る。
合わせじょうゆをかけて味を馴染ませる。
※このレシピは、「きょうの料理のテキスト」には掲載されていません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s