Recipes for cooking asparagus

Keep in upper fridge colder temps, prevent moisture from escaping. Buy fresh before tip sprouts. Whites are sweeter

Make a creamy potage by grinding milk and asparagus, salt and pepper in grinder, and then bringing to the boil.

White asparagus …remove fibre skin
Sprinkle in olive oil and salt, grill over high heated pan 1 min

Greens …grill in butter. Or boil briefly.

….purple asparagus

【番組冒頭】覚醒剤よりコワい!?“最強薬物“脱法ドラッグ

<イチおし 今が旬!魅惑のアスパラガス>
専門家ゲスト:元木悟さん(明治大学農学部・准教授)
ゲスト:内藤剛志さん(俳優)、山口もえさん(タレント)
リポーター:近藤泰郎アナウンサー
<【番組冒頭】覚醒剤よりコワい!?“最強薬物“脱法ドラッグ >
リポーター:瀬田宙大アナウンサー

冬のソチ五輪でアスリートたちを支えたという頼もしい食材の1つに“アスパラガス”があります。疲労を回復させる栄養素が豊富に含まれるアスパラガスは、選手たちが力を発揮するのに一役買いました。ほかにも血圧を下げる「ルチン」や、滋養強壮効果の「サポニン」など、その潜在力が期待されるアスパラガスには医療や美容などさまざまな分野から注目が集まっています。また今、「ホワイト」や「紫」「極太」などさまざまな種類のアスパラガスも登場し、新しい色や風味を楽しみたいという人も増えてきています。今回の「あさイチ」では、そんなアスパラガスを楽しむためのノウハウを一挙に大公開。農家から一流シェフまで、アスパラガスにこだわる方たちに、食べやすい調理法から押さえておきたい保存法まで、教えていただきました。

「イ」いけてます!
不思議なアスパラ・パワー
「チ」チョー簡単
スジの悩み解消テクニック
「お」オススメ
新鮮長もち 保存術
「し」知らなきゃ損
魅惑の個性派アスパラガス

今が旬!不思議なアスパラガス・パワー

日本一の生産量を誇る北海道では、5月初旬からアスパラガスの収穫が始まります。
私たちが楽しむアスパラガスは、実は「若い芽」の部分です。おいしいアスパラガスを生み出す秘密は大きな「根」。アスパラガスは成長すると3メートルもの大きさになり、光合成で作った栄養を根に蓄え、秋になって葉が枯れても根は残り、春、その栄養を「若い芽」が成長する力にします。
そのアスパラガス、ドイツでは、古くから薬用として食されてきました。アスパラが持つ、不思議なパワーに注目していたからです。日本でも、ソチ五輪で、疲労回復効果に期待して、選手たちの食事に積極的に取り入れるなど、注目されてきています。また、北海道情報大学・教授の西平順さんは、栄養面からアプローチ。その結果、高血圧や糖尿病に効果がある可能性を指摘しました。代表的なのが、血圧低下効果。西平さんは、アスパラガスに多く含まれる「ルチン」という物質が作用したことによるのではないかと推測しています。その研究が発表されたあと、北海道では、さまざまな関連商品が販売されるほどになっています。

チョー簡単!スジの解消テクニック

あさイチ・サポーターに聞いた、調理の悩みアンケートで多かったのが、どうしても「スジ」がでてしまい、食感が台なしになるという悩みでした。番組では、フレンチシェフの高橋恒雄さんに、超簡単なスジ解消法を教えていただきました。
高橋さんによると、スジを解消するポイントは2つ。
1つは「皮をむく範囲」、もう1つは「火の通し方」です。

「皮をむく範囲」

アスパラガスの先端と根元を持って折ると、皮をむくところとむかなくてよい所を簡単に見分ける(&目安にする)ことが出来ます。もちろんむくのは、根元部分の固いところです。
また、むく量は「芯の白い部分が見えるくらいまで」です。

「火の通し方」

炒め物の場合、できるだけやわらかくしようと下ゆでしてしまう人がいますが、実はNG。
炒めるときは、下ゆでせず強火で調理し、短時間で済ませます。
実の軟かいアスパラガスは火を通せば通すほど、硬い皮との違いが際立ってしまうからです。

高橋さんには、皮や余った材料で作るスープもご紹介頂きました。

「アスパラガスの皮で作ったポタージュスープ」
<材料>
・皮や余った材料・・・200グラム
・たまねぎ・・・50グラム
・ごはん・・・30グラム
・バター・・・15グラム
・水・・・200cc
・牛乳・・・300cc
・塩、こしょう・・・適量
・生クリーム・・・100cc

1.皮などの材料を細かく切る
2.たまねぎをスライスしてバターで炒める
3.たまねぎが透き通ってきたら(1)をいれる
4.アスパラガスの緑が濃くなってきたら水とごはんをいれる
5.そのまま沸騰したら10分煮る
6.牛乳を入れてミキサーにかけ、こし器でこす
7.鍋に戻して塩、こしょうで味を調え、お好みで生クリームを加える

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s