summer recipes

パンツァネッラ(パンのサラダ)

材料・つくりやすい分量
・バゲット・・・2分の1本

<A>
・ワインビネガー・・・大さじ1
・エクストラバージンオリーブ油・・・大さじ3と2分の1
・バジル・・・少々
・塩、こしょう・・・各少々

・きゅうり・・・1本
・トマト・・・大1コ(約130グラム)
・セロリ(小)・・・1本
・さやいんげん・・・5本
・スナップエンドウ・・・5本
・枝豆(ゆでる)・・・大さじ3
・グリーンアスパラガス・・・2本

・赤たまねぎ・・・2分の1コ ※ふつうのたまねぎでもよい
・塩、エクストラバージンオリーブ油、ワインビネガー・・・各少々

・バジル(生)・・・お好みで
・ブラックオリーブ・・・適量

作り方

バゲットを厚めの輪切りにしてみみを落とし、ザク切りにする。水に浸し、ギュッと絞って水けをきる。
ボウルに(1)、Aを入れ、パンをつぶすようにしながらよく混ぜる。
きゅうりは種の部分を軽く取り除く。セロリは軽くつぶす。さやいんげん、スナップえんどう、アスパラガスはゆでる。これらの野菜とトマトを一口大に切る。枝豆もゆでる。
(2)と(3)をよく混ぜ合わせる。
赤たまねぎを薄切りにし、水に10分間ほどさらして水けをしっかりきる。塩、エクストラバージンオリーブ油、ワインビネガーで下味をつける。
器に(4)を盛りつけ、(5)をのせ、バジルを添える

:::

いかとえびのサルモリッリョ

材料・2人分
・いか・・・1ぱい
・えび・・・4匹

・万能イタリアンソース(サルモリッリョ)
・エクストラバージンオリーブ油・・・大さじ3
・レモン汁・・・小さじ1
・塩・・・2~3つまみ
・イタリアンパセリ(みじん切り)、あさつき(みじん切り)・・・各適量

作り方

いかとえびは火が通るまでゆで、温かいうちに皿に盛りつける。
イタリアンソースの材料をすべて混ぜ合わせ、(1)にかける。

:::

セロリの甘辛みそ炒め

材料・2人分
・セロリ・・・2本
・にんじん・・・4分の1本
・豚バラ肉(薄切り)・・・100グラム
・サラダ油・・・小さじ1

<A>
・にんにく(すりおろす)・・・小さじ5分の1
・しょうが(すりおろす)・・・小さじ4分の1
・酒・・・大さじ3分の2
・豆板醤(トウバンジャン)・・・小さじ3分の2
・甜麺醤(テンメンジャン)・・・大さじ1と3分の1
・しょうゆ・・・小さじ3分の2
・こしょう・・・少々

・細ねぎ(みじん切り)・・・大さじ2

作り方

セロリ、にんじんは5ミリ角の拍子木切り、豚バラ肉は1センチ幅に切る。
フライパンにサラダ油を熱し、豚バラ肉を強火で炒める。
豚バラ肉に7割程度火が通ったら、にんじんを加えて約1分間炒める。
セロリを加えて軽く炒め、Aを順に加えて味を調える。
仕上げに細ねぎを加え、軽く混ぜる

::

セロリの芯でりんご酢サラダ

材料・2人分


・セロリ(芯の部分)・・・1株分
・きゅうり・・・2分の1本

<調味料>
・にんにく(すりおろす)・・・小さじ5分の1
・リンゴ酢・・・大さじ1と2分の1
・砂糖・・・小さじ3分の1
・塩、こしょう・・・各少々

作り方

セロリ、きゅうりを薄切りにする。
調味料を混ぜ合わせる。
(1)に(2)が全体になじむように混ぜる

::

カマンベールチーズのパン粉揚げ

材料・作りやすい分量
・カマンベールチーズ・・・1コ(100グラム)
・溶き卵・・・1コ
・塩、こしょう・・・少々
・小麦粉、パン粉・・・各適量
・あんずジャム・・・適量

・揚げ油

作り方

カマンベールチーズは冷やしてから、放射状に6~8等分に切る。
パン粉は手のひらでもんで細かくする。小麦粉に塩・こしょうを加える。
カマンベールチーズに小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付けて、180度の揚げ油で薄いきつね色になるまで揚げ、油をきる。
器に盛り、ジャムを添える。

:::

夏野菜のもみづけ

材料・作りやすい分量
・キャベツ(3~4センチのザク切り)・・・600~700グラム
・きゅうり(薄い小口切り)・・・2本
・にんじん(薄い短冊切り)・・・50グラム
・みょうが(薄い小口切り)・・・5コ
・青じそ(せん切り)・・・10枚

・塩・・・野菜の重量の2パーセント

作り方

ボウルに野菜を入れ、野菜の重さに対して2パーセントの塩をふる。
はじめはやわらかくもみ、徐々に強くもんでいく。水けが出たらきつく絞る。

:::

ズッキーニのごま油あえ

材料・4人分
・ズッキーニ・・・3本

<A>
・塩・・・小さじ1と2分の1
・サラダ油・・・大さじ1

<B>
・削り節・・・5グラム
・ごま油・・・大さじ2

・白ごま・・・大さじ2

作り方

ズッキーニはマッチ棒よりやや太めの細切りにする。削り節は紙タオルなどに広げ電子レンジ(600ワット)に30秒間かけ、そのままもみ、細かくする。
鍋に熱湯を沸かしAを加え、ズッキーニを10秒間ほどゆでざるに上げ塩(小さじ2分の1強)をふってよくもみ込む。
(2)の水けを絞り、Bを加えて混ぜ、器に盛って白ごまをふる。

:::

登紀子ばぁばの太巻き

材料・3本分
・米・・・カップ4
・水・・・880ミリリットル
・昆布(10センチ四方)・・・1枚

<A>
・酢・・・カップ2分の1
・砂糖・・・大さじ4
・塩・・・小さじ1と2分の1
・干しのり(全形)・・・4と2分の1枚

<干ししいたけの甘煮>
・干ししいたけ・・・12枚
・だし・・・カップ4分の3
・砂糖・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ1と2分の1

<かんぴょうの甘煮>
・かんぴょう(乾/20センチ長さ)・・・12本
・だし・・・カップ1
・砂糖、みりん・・・各大さじ3
・しょうゆ・・・大さじ2

<卵焼き>
・卵・・・5コ
・砂糖・・・大さじ3
・塩・・・少々
・サラダ油・・・適量

<梅酢しょうが>
・梅酢しょうが(市販)・・・2枚

<みつば>
・みつば・・・1ワ
・塩・・・少々

<たらのでんぶ>
・生だら(切り身)・・・2切れ
・砂糖・・・大さじ1
・塩・・・1つまみ
・酒・・・大さじ1
・水に溶いた食紅・・・少々

作り方

<すし飯の作り方>
米は洗って鍋に入れ、水880ミリリットルを加えて1時間おく。
昆布を加え強火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し炊き上げる。
湿らせた盤台にご飯をあけ、Aをしゃもじで受けながら手早く回しかける。
うちわであおぎながらしゃもじをねかせて横に切るようにかき混ぜる。

<具の作り方>

戻して軸を除いた干ししいたけをだしと砂糖で4~5分間煮込み、
しょうゆ、みりんを加え落としぶたをして弱火で煮詰める。
戻したかんぴょうをだしと砂糖で4~5分間煮込み
しょうゆ、みりんを加え落としぶたをして中火で煮詰める。
卵白を切り、ほぐした卵を砂糖、塩と混ぜ合わせてこし器などでこす。
サラダ油を塗った卵焼き器に3回に分け流し入れ焼き、3等分に細長く切る。
梅酢しょうがは細長く拍子木形に切り、みつばはサッと塩ゆでし水けを絞っておく。
鍋にたらと水を入れ強火にかけ、表面に泡が浮いたら1~2分間待って火から下ろす。
蛇口に布巾をかけ水を流し入れ粗熱を取り、血合い、皮、骨を取り除き粗くほぐす。
たらの水けを絞りすり鉢に入れ、繊維をつぶさないようにすりこ木でする。
砂糖、塩、酒、食紅を加えて4~5本の菜箸で混ぜ、弱火にかける。
たらが鍋底にくっついたらぬらした布巾の上で鍋ごと冷まし、ふんわりするまでいる。
巻き方

巻きすの上にのり1と2分の1枚を少し重なるように置き、2~3粒の米を
つなぎにして3か所をとどめ、手に酢水をつけすし飯の3分の1量をのりの上にのせる。
手前は縁ぎりぎりまで、奧は2センチほどあけて、すし飯を均等に広げる。
すし飯を両手で強く押さえつけ、具を置く溝を等間隔に4本つける。
具の3分の1量を手前からかんぴょう、干ししいたけ、卵焼きの順にそれぞれ並べ、
卵の手前にみつば、梅酢しょうがを置く。いちばん奧にたらのでんぶを置く。
両手の人差し指を手前のすし飯の縁に置き、中指でかんぴょうを押さえる。
奥ののりの部分まで一気にかぶせるように持っていく。
のりの接着部分が下にくるように半回転させて、上からギュッと押さえ形を整える。
さらに片手で巻きすの上を押さえ、反対の手で巻きすの下部分を引き、しっかり締める。
巻きすをはずし、太巻きを片側に寄せ、はみ出た具を酢水をつけた手で押し込む。
残りの2本も同様につくり、2~3センチ厚さに切り分ける。

::http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/06/14/03.html

しっとり鶏むね肉のごちそうサラダ

材料・4人分
・鶏むね肉(大)・・・300~350グラム

<A>
・塩、砂糖・・・各小さじ1
・白ワイン・・・大さじ1
・ローリエ・・・1枚
・こしょう・・・少々

・食パン・・・1枚
・バター・・・大さじ1
・サニーレタス・・・5~6枚
・オリーブ油・・・少々
・ゆで卵(少し半熟)・・・2コ
・ミニトマト(半分に切る)・・・適量

<B>
・マヨネーズ、ケチャップ、牛乳・・・各大さじ2
・たまねぎ(すりおろす)・・・大さじ1

作り方

保存袋にAを入れ、調味料を合わせて鶏肉を一晩漬ける。
(1)をお湯を煮立てた鍋に入れ、クッキングシートで落としぶたをし、
ごく弱火にして、ふたをして15分間ゆで、そのまま冷ます。ゆで汁はとっておく。
食パンは1センチ角に切る。フライパンにバターを熱して弱火で時々混ぜながら
カリッとするまで10分間ほどいる。
卵はゆで時間6~7分間で少し半熟にし、縦4等分に切る。
ミニトマトは半分に切る。
サニーレタスは洗い芯を取る。芯は斜め1センチ幅に切り、紙タオルで水けをふく。
葉は一口大に食べやすく切り、青い汁が少し出るくらい軽く絞り、芯とともに保存袋に合わせて入れ、冷蔵庫で冷やしてパリッとさせる。
Bは混ぜておく。
鶏肉は皮を取り、薄く切る。
器にサニーレタスをフワッと盛り、(6)を少し回しかけ、鶏肉、ミニトマト、ゆで卵をのせ、残りの(6)をかけ、(3)のパンを散らす。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s