「ナメクジ油」

「ナメクジ油」

わさび・がにめの醤油漬け 問い合わせ先

「有限会社ジェイエイ日原山菜加工場」
電話:0856-74-1725

高津川の鯉

津和野町内を流れる高津川は、2011年に、3度目の清流日本一に選ばれた清流です。そんな清流でこの時期行われるのが、鯉の「みがけ漁」です。水の透明度が高いため、10メート以上上からのぞき込んでも魚影がはっきり確認できます。そのため、鯉を見て引っかけることが可能です。

また、スタジオでは鮎を炭火であぶって乾燥させた「焼鮎(やきあゆ)」をご紹介しました。

高津川の鯉・焼鮎 問い合わせ先

「高津川漁業協同組合」
問い合わせ先:0856-25-2911

※焼鮎は、40グラム1050円で高津川漁協で販売されています。
※漁業権がありますので、高津川で釣りをする場合は、ご確認ください。

謎の民間薬 「ナメクジ油」

町の中心部から15分ほど離れた商人(あきんど)地区では、虫さされに使われてきたという民間薬があります。それは、菜種油にナメクジを入れて、1年ほど寝かせるというものです。地域住民の間で伝えられてきたナメクジ油ですが、地域活性化の起爆剤にしたいと、3年前特許を取得しました。
当時の、商人地区全21世帯が特許権者で、「将来その効能が確認された際に、特許料収入があるのでは?」という期待を集めています。

※その独創性で特許は取得していますが、医学的な効能は確認されておりません。

ナメクジ油 問い合わせ先

「津和野町役場 観光商工課」
電話:0856-72-0652

Source: NHK Asaichi programme http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/01/26/01.html

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s