SECRETS OF PARSLEY COOKING

http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/06/05/03.html

色が鮮やかなパセリ。実は、ビタミンやカロテンなどの栄養も豊富です。でも、飾りつけにしか使ったことがない、いつも余らせてしまう…という方、多いのではないでしょうか?
そこで今回は、パセリを主役にしたレシピをご紹介しましょう。まずは、「パセリのパリパリ」。低めの温度で揚げて、塩をふっていただきます。「じゃことの炒めもの」も、簡単で美味。ごはんだけでなく、そうめんにも合います。
どっさりのパセリが、あっという間においしく食べられますよ!

パセリとじゃこの炒めもの

材料・つくりやすい分量

・パセリ・・・2ワ
・ごま油・・・大さじ4~5

・ちりめんじゃこ・・・カップ3分の1

作り方

フライパンにごま油とちりめんじゃこを加え炒める。
最初はちりめんじゃこが油を吸うが、熱が回るとカリッとなる。
パセリの葉の部分をちぎり、紙タオルなどで水けをとる。
(1)に(2)を2回に分けて加え、炒める。紙タオルなどで余分な油をきる。
※紙タオルなどを敷いて密閉容器で2日間保存可能

:::

ぶっかけそうめん

材料・1人分

・そうめん・・・お好みで
・めんつゆ(お好みのもの)・・・カップ4分の1
・梅干し(果肉をたたく)・・・大さじ2分の1
・パセリとじゃこの炒めもの・・・適量

作り方

そうめんは袋の表示より少し堅めにゆで、冷水でもみ洗いしてザルに上げて水けをきる。
めんつゆに梅干しの果肉を混ぜ合わせる。
(1)を器に盛り、(2)を回しかけ最後にパセリとじゃこの炒めものをのせ、混ぜていただく。
パセリのパリパリ

材料・つくりやすい分量

・パセリ・・・4ワ
・揚げ油、塩・・・各適量

作り方

鍋に油を熱し、中温(150度)にする。
パセリは葉の部分をちぎって、紙タオルなどで水けをとる。
鍋にパセリを入れ、揚げる。気泡が少なくなったら、紙タオルなどに取り出し、塩をかけ油をきり、粗熱をとばす。
パリパリパセリと卵のチャーハン

材料・つくりやすい分量

:::

パセリのパリパリ

・パリパリパセリ・・・適量

・卵・・・2コ
・ごま油・・・大さじ2

・ねぎ(みじん切り)・・・4分の1本
・ごはん・・・300グラム

・塩、こしょう・・・各適量
・しょうゆ・・・大さじ1

作り方

フライパンにごま油を熱し、溶いた卵を加え半熟のスクランブルにし、一度取り出しておく。
(1)に足りないようならごま油を加え、ねぎを炒める。
さらにごはん加え、木べらでたたくようにほぐし、空気を入れながらパラパラにする。
(2)に(1)を戻し、パリパリパセリを加え味を見て、塩こしょうをし、しょうゆを鍋肌から回しかける。
※以上のレシピは、「きょうの料理」に掲載されていません

:::

パリパリパセリと卵のチャーハン

材料・つくりやすい分量
・パリパリパセリ・・・適量

・卵・・・2コ
・ごま油・・・大さじ2

・ねぎ(みじん切り)・・・4分の1本
・ごはん・・・300グラム

・塩、こしょう・・・各適量
・しょうゆ・・・大さじ1

作り方

フライパンにごま油を熱し、溶いた卵を加え半熟のスクランブルにし、一度取り出しておく。
(1)に足りないようならごま油を加え、ねぎを炒める。
さらにごはんを加え、木べらでたたくようにほぐし、空気を入れながらパラパラにする。
(2)に(1)を戻し、パリパリパセリを加え味を見て、塩こしょうをし、しょうゆを鍋肌から回しかける。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s